コンセイエ日記

winelove.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:おでかけ( 17 )

神戸にて

神戸へ行っていました。
15年前にあんな大震災があったなんて、信じられないくらい元気な街です。
東北もきっと、必ず復興するはず!
写真は、神戸の地下鉄。復興のシンボル「鉄人28号」。
f0186753_19382185.jpg

残念ながらいま日本全体が風評被害を受けつつあります。
元気な方は「私たちは元気です!」と世界にアピールしましょう。

(デーブ・スペクターさんのTwitter より)
[PR]
by winekai | 2011-04-14 19:50 | おでかけ

本家かたパン

善通寺へ来たら、寄ってみたかった「本家かたパン」の熊岡菓子店。
創業は、なんと明治29年(1896年)。現在の建物は大正2年(1913年)に建てられたもので
店の内外ともに建てられた当時のまま、現在も使われているのだそうです。
f0186753_15282641.jpg

お遍路さんも、かたパンを買いに来たのかな?
ずいぶん昔からあるというお店なのに、最近まで知りませんでした。
もう何回も善通寺にお参りに来ているのにね。
f0186753_15484012.jpg

お菓子の陳列ケースも大正時代初期から大事に使い続けられたもので、
中には昔なつかしいお菓子が並べられ、量り売りされています。
ここの名物は「かたパン」。でも残念ながら売り切れて、ケースの中は空っぽでした。
かたパンは軍事食糧として考案されたもので創業当時は「兵隊パン」と呼ばれていたそうです。
f0186753_1549314.jpg

現在のカタパンは小麦粉と砂糖を練りあげて焼かれたもので、びっくりするほどの堅さだそう。
すでに売り切れだったので、これを100g買いました。お煎餅なのにパンとは、これいかに・・
ほんっとに、硬かったけど生姜の味がしておいしかったよ。
f0186753_15522378.jpg

この紙袋がまた懐かしげでオシャレです。袋だけ欲しがる人もいるほどだそう。
f0186753_15532076.jpg

善通寺西院の仁王門前の二十日橋から看板が見えるので
参詣のおみやげにと、立ち寄る人も多いようです。今度、寄ってみてね。
(早めに行かないと、売り切れるみたい)
f0186753_15544672.jpg

[PR]
by winekai | 2010-11-27 16:03 | おでかけ

てくてくろーど 歴史散歩

大阪に来ています。
ベランダから見える、こんもりとした木立は「反正陵古墳(はんぜいりょう古墳)」
前方部を南に向けた前方後円墳です。
f0186753_15105246.jpg

お天気が良くて気持ちのいい朝なので、ちょっとお散歩に・・・
散歩道には道しるべのタイルがあって歩きやすくなってます。
f0186753_15122885.jpg

こんな町なかに古墳が残っているんですよ。
お濠に沿って、どんどん歩いていくと・・・。
f0186753_1514910.jpg

反正陵古墳(はんぜいりょう古墳)の正面?に出ます。
百舌鳥古墳群(もず古墳群)の中では北端にあり、現在は百舌鳥耳原三陵の
北陵・反正天皇陵として宮内庁が管理しています。もちろん立ち入り禁止!
f0186753_15172428.jpg

墳丘の規模は全長約148m、後円部径約76m、高さ約14m、前方部幅約110m、高さ約15mで
百舌鳥古墳群では7番目の大きさです。墳丘は3段に築かれ、そのかたちや出土した埴輪から、
5世紀後半頃に造られたと考えられています
f0186753_1518855.jpg

f0186753_15215793.jpg

途中、こんな小さな古墳も・・・なにか神聖な空気が漂っていました。
f0186753_15255310.jpg

「鈴山古墳」です。
反正陵古墳(田出井山古墳)の東側にありその陪塚と考えられ、一部が削られているために
形が変っていますが、方墳だそうです。一辺が22m程の大きさで、埴輪が立てられており
濠がめぐらされていたと考えられているそうです。

どんどん歩いて・・・
[PR]
by winekai | 2010-04-10 23:27 | おでかけ

生口島・不思議ワールド(その3) しおまち商店街


瀬戸田の港へと続く商店街です。
f0186753_16195863.jpg


突然、小学生の夏休みに戻ったような懐かしい町並みです。
f0186753_1623920.jpg


タコの干物が名物らしく、干物のお店が軒を連ねています。
f0186753_1656333.jpg


だあれもいないお土産屋さん。お人形のおじいさんとおばあさんがお店番してました。
f0186753_162324100.jpg


なんと懐かしげな「散髪屋さん」。今日はお休みのようですね。
f0186753_16234074.jpg


よ~く見てください。
お店の中から、屋根を突き抜けて木が生えてます。木が先なのか、家が先なのか。
店番のおばあちゃんが怖そうだったので、聞けませんでしたemoticon-0107-sweating.gif
f0186753_1624162.jpg


昭和の匂いがする喫茶店。あったな~、こういうお店。
f0186753_1631688.jpg


もっと見る?・・・・・
[PR]
by winekai | 2009-08-27 16:51 | おでかけ

生口島・不思議ワールド(その2) 未来心の丘

耕三寺の敷地内にある「未来心の丘(みらいしんのおか)」です。
f0186753_16441240.jpg

広さ5,000平方メートルにもおよぶ白い大理石の庭園で、
彫刻家・杭谷一東(くえたにいっとう) 氏が、その制作をしています。
ここに使用されている大理石のすべては彼のアトリエ(仕事場)があるイタリアの
トスカーナ地方、カッラーラで採掘し、コンテナ船で運んできているのだそうです。


丘が、まるごと白い大理石で覆われている感じです。なんと贅沢な。
曇り空で残念。青空だったら、もっときれいに写ったのにね。
f0186753_16444572.jpg

大理石のCafe"クオーレ"。とてもオシャレで、外国にいるようです。
f0186753_16453866.jpg

f0186753_1723591.jpg

いたるところに面白い作品があって・・・
もちろん椅子もテーブルも、トイレだって大理石づくし。
f0186753_16471411.jpg

丘から瀬戸田の町並や海がきれいに見渡せます。
f0186753_16455112.jpg

「ここでは、ただ見て楽しむだけでなく、実際に肌でふれて、自然と一体となって遊び
 思い思いの想像をふくらませて」ほしい、というのが作者の思いなのだとか。
f0186753_164687.jpg

[PR]
by winekai | 2009-08-26 16:58 | おでかけ

生口島・不思議ワールド(その1) 耕三寺

平山郁夫美術館から歩いて数分のところに耕三寺があります。
母を弔うために建てられた「孝行の寺」として有名です。
f0186753_13514460.jpg

「大正・昭和期に大阪で活躍した実業家の金本福松(1891年 - 1970年)が
母の菩提を弔うため出家して僧侶となり、1936年(昭和11年)から耕三寺の建立を開始した。
金本はかねてより、瀬戸田の地に誇りうる文化財のないことを残念に思っており、境内を日本各地の
著名な歴史的建造物を模した堂宇で埋める構想を立てた。以来、30余年をかけて、日光東照宮陽明門を模した孝養門、平等院鳳凰堂を模した本堂などをはじめとした伽藍が完成した。
陽明門を模した孝養門から「西の日光」と呼ばれるようになり、瀬戸内海の観光地の一つとなり
平成期に入ってからは、建築物の特殊性が評価され、15棟が登録有形文化財として登録された。」
(Wikipediaより抜粋)


なるほど、歩いていくと有名な建物が次々に現れます。これは、日光東照宮・陽明門?
f0186753_13523815.jpg

かなり細かいところまで、こだわってますemoticon-0143-smirk.gif
f0186753_13525682.jpg

色鮮やか!韓国ドラマ時代劇のセットみたいです・・・。
f0186753_13531036.jpg

これは、平等院鳳凰堂!ですよね。
f0186753_13532844.jpg


平山郁夫さんの本物の絵を見た後に、このフェイク寺は
正直ちょっと後味悪かったです。

地下にもあります・・・
[PR]
by winekai | 2009-08-23 23:58 | おでかけ

平山郁夫美術館

多々羅大橋を渡り、生口島 瀬戸田町にある「平山郁夫美術館」へ・・。
f0186753_1547021.jpg

f0186753_15491786.jpg


「天かける白い橋 瀬戸内しまなみ海道」大作です。
しまなみに架かる橋を題材にした作品が沢山ありました。
f0186753_15531137.jpg


すっきりした印象のエントランス
f0186753_15484322.jpg


和風のインテリアが素敵なロビー
f0186753_1548414.jpg


ロビーから見た中庭です
f0186753_15485561.jpg


生まれ育った地の美術館だけに、幼少の頃からの絵が見られます。
これは、小学校3年生のときの作品。
うちの子も、これくらい描けてたような・・・。もう遅いけどねemoticon-0131-angel.gif
f0186753_15581820.gif


いい絵を観た帰り道は、すごく満たされた気分になります。
どこへ出かけても美術館が好きなのは、そのせいかな。
f0186753_1551731.jpg

[PR]
by winekai | 2009-08-23 23:56 | おでかけ

しまなみ海道

早慶戦を観た後、松山へ一泊して
翌日、しまなみ海道へ寄り道して帰ることにしました。
しまなみ海道が開通してから、もう10年も経つんですね。
こんなに近くに住んでいながら初めて来たなんて、笑われそう・・・。

四国側、今治からの最初の橋「来島海峡大橋」です。
f0186753_14244341.jpg

橋を渡って、目指すは生口島。
尾道まで行きたいところだけど、とりあえずは半分だけ走ることにしました。
f0186753_14251876.jpg

大三島から生口島にかかる「多々羅大橋」は、一番美しい姿です。
f0186753_14274346.jpg

この橋を渡るあいだ、こんな面白い景色が見られますよ
f0186753_14343221.jpg

多々羅大橋の近くの展望台から
f0186753_14381780.jpg

生口島の瀬戸田町は、画家・平山郁夫さんが生まれた町です。
美術館だけでなく、面白いものを沢山見つけました。
また次回にUPしますね。
f0186753_14373158.jpg

[PR]
by winekai | 2009-08-23 22:45 | おでかけ

早慶戦@坊ちゃんスタジアム

前々から楽しみにしていた早慶戦を観に、松山の坊ちゃん球場へ。
学生内野の応援団の後ろで、かなりテンション上がりっぱなし。
だけど、慶應は打てず、取れず・・・emoticon-0106-crying.gif
お~い、何とかしてくれ!という声だけが空しく響きます・・トホホ・・
f0186753_17453954.jpg

散々な成績で早稲田に完敗でしたが、OB・OG達は学生時代に返った気分で大盛り上がり。
久々の早慶戦を満喫していましたよ。(上の写真、一番右の白いシャツの人は、松山市長。
彼も、慶應の卒業生だそうです)
f0186753_17475230.jpg

チアガールは可愛い子が多くて
「早稲田に勝ってた」という声もチラホラ・・(おじさん達は何を見てるんだか・・)
わたしは双眼鏡で、早稲田の”ハンカチ王子”を堪能しました~。emoticon-0136-giggle.gifゴメンネ。

ま、勝ち負けはどうでも良かったのよね、青春時代に戻れただけで・・・
[PR]
by winekai | 2009-08-22 23:39 | おでかけ

水族館でポニョに会う

東京の水族館には、こんなものも泳いでるんですよemoticon-0104-surprised.gif
おとなに大うけのポニョでした・・・
f0186753_14283940.jpg

[PR]
by winekai | 2009-06-08 14:31 | おでかけ