コンセイエ日記

winelove.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ワインのようなコーヒー


深みのあるコク、スパイスの風味と杉の木のような芳しさ
・・・と、ここまで読むとまるでワインのテイスティングコメント。
でも、これはコーヒーのこと。
コーヒー豆の最高の旨みを引き出した”エイジド・コーヒー”です。
f0186753_1552495.jpg

「2003年に収穫されたスマトラ産コーヒーを5年の歳月をかけて熟成させたもの」
だそうです。熟成させて風味が増すなんて、ワインとよく似ています。
こんなコーヒーがあることも初めて知りました。
熟成したワインのような風味なら、下手にケーキなど合わせないほうがいいのかな?
秋の夜長に、ゆったりと香りを楽しむのがいいようですね。
f0186753_15102545.jpg

アジアンな切り絵のパッケージがとても素敵で、開けるのが勿体無い・・・。
コーヒーを飲んでしまった後も、また何かに使えるかな?なんて
またまた「捨てられないモノ」がひとつ増えてしまった(^^;)ようです。
f0186753_15115646.jpg


starbucks ブラックエプロン/エイジド・スマトラ LOT#9697
[PR]
by winekai | 2008-10-28 15:44 | グルメ

La Passion V.V (新入荷ワイン)


このゆる~いキャラは、南仏ルーション地方の象徴である太陽君です。
決して、てるてる坊主じゃありませんよ。
f0186753_13564954.jpg

煮詰めたイチゴジャムやビターチョコレートのような香りを持つ濃厚ワインです。
La Passion という名前のとおりに、情熱を感じるホットな出来ばえ。
かといって濃すぎることはなく、飲み口はスルスルとなめらかで、ほっと心がなごみます。
ん~、おいしい~♪ と、思わずにっこりしてしまうような味わい。
あなたにもおすすめしたかも知れませんね。セラーにもまだ2~3本あります。

このワインのヴィエイユ・ヴィーニュ(古木から採れたぶどうから造られる)が
来月初め、11月5日に入荷します。
f0186753_14401430.jpg

このワインが造られる南フランスのルーション地方は「荒地」と言われ
重なり合う石のような土地にぶどうは絡むように深く根を下ろしています。
この過酷な土地で育つグルナッシュというブドウはとんでもない生命力を
持っているに違いありません。パワーのある果実味を感じるはずですね。

グレードアップというという大層なものでもなく、そう「ちょっとした進化形」です。
というインポーターさんのコメントが付いていますが、どんなワインでしょう。
とても楽しみです。24本限定で入荷します、ご予約承り中

「ラ・パッション・グルナッシュ ヴィエイユ・ヴィーニュ 2005」
 750ml ¥1,890 (赤 フルボディ グルナッシュ100% ヴァン・ド・ペイ)
[PR]
by winekai | 2008-10-24 14:35

ボージョレー・ヌーヴォのこと


そろそろ解禁日が近づいてきたので・・・

ボージョレー・ヌーヴォとは、フランス、ボージョレー地方で
その年にとれたブドウから造られる新酒のこと。
通常、赤ワインは醸造したあと最低1年は熟成させないと飲めませんが
このヌーヴォは、特別な醸造法によって、すぐに飲め、
フレッシュでフルーティな味わいを楽しめるように造られています。
解禁日は11月の第3木曜と決まっていて、時差の関係から
日本のワイン好きが世界で一番早くヌーヴォを楽しめることになっています。
今年の解禁日は、11月20日です。

f0186753_1514483.jpg


一口にボージョレー・ヌーヴォと言っても、日本には何十ものメーカーの
ものが輸入されていて、造り手さんによって、味わいはまさに千差万別。
コンセイエの私としては、スーパーやコンビニの店頭に並ぶネゴシアンもの
(まあ平たく言えば大量生産された大手メーカーもの)よりは
造り手さんの情熱がいっぱい詰まったドメーヌもの(ぶどう造りから醸造、
瓶詰めなどを一貫して自社のドメーヌで行う)がおすすめです。

そして、ただのボージョレー・ヌーヴォよりは、ボージョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォ
という、ちょっと長めの名前のほうを。このヴィラージュというのは、ボージョレー地区の
北部39村をさす言葉で、大変高品質な葡萄が作られ、ボージョレーの格付けワインが
生まれる地域なのです。ちょっとお値段は張りますが、香りが断然ちがいます。

それと、いままでいろいろ飲んできた経験から、ラベルやボトルは地味目でシンプルな
ほうが美味しいワインが多かったです。見た目よりも内容で勝負!という造り手の
意気込みが感じられますね。
解禁日にワイワイ楽しく飲むのなら、まあ派手なラベルのネゴシアンものでも
それなりに許せますが、ほんとうはね、
航空便で届いた丁寧な造りのヴィラージュ・ヌーヴォを
クリスマスかお正月までゆっくり休ませておいて味わうと、最高の美味しさなんです。
(ワインも旅疲れしていますからね。)
いちど、試してみてください。

ボージョレーワイン委員会のページへ
[PR]
by winekai | 2008-10-23 15:05

ちょっといいラベル


ラベルで選ぶのも、ワインの楽しみの一つですね。
今セラーの中にあるワインの中で、私の一番お気に入りはこれ。
手描き風のタッチで、温かみある雰囲気のデザインがなかなかいいです。

スペインのワイン、《メルセデス・エグーレン・カベルネソーヴィニヨン2006》
「メルセデス・エグーレン」は、このワイナリーのオーナー一族の女性の名前です。
彼女のアイデアで生まれたこのワインは、「彼女のようにエネルギッシュでエレガント」
なのだそうです。

味わってみると、なるほどフルーティで華やかながら、スッと1本筋の通った
ボディを持ちつつ、その反面まだまだナイーブで繊細なところもある・・・
まだ若いけれど、しっかりと自分の考えを持った賢い女性のイメージ。

f0186753_14332568.jpg


キャップシールにも、こんなふうにイラストがあって、とってもオシャレです。
高級感もほどほどに漂っていて?ちょっとしたプレゼントや手みやげに喜ばれそう。
価格的にも許せます・・・・よ。

f0186753_14421676.jpg

[PR]
by winekai | 2008-10-22 15:14

大人の隠れ家レストラン 「SIBARIS」


人生の先輩がたにお誘いをうけて、休日の夜はリッチなディナーになりました。
家から歩いて2分のスペインレストラン「シバリス」へ。

f0186753_15343388.jpg


こんな田舎には珍しく?満足のいく美味しいお食事ができるので、とても気に入ってます。
ちょっとしたオトナの隠れ家的レストランですね。女性シェフが腕を揮ってくれます。
「今夜のおすすめ料理」のメニューの中から、いろいろチョイスしていただきました。
久しぶりにゆっくりとお喋りして笑って、心もお腹も大満足。

f0186753_159765.jpg


ワインは、お気に入りのBASAです
昨日はワイン会でちょっと疲れ気味なので、フルーティですっきりとした
優しい味わいの白をいただきました。

f0186753_15245162.jpg

[PR]
by winekai | 2008-10-20 15:29 | グルメ

あなたにはあなたのボルドーがある


10月ワイン会は、ボルドーワイン特集。
今月は出席希望者が多くて、定員オーバーになってしまいました。
お断りしてしまった皆さん、申し訳ありませんでした。

ボルドー特集では恒例のお勉強タイムがあります。
おしゃべりや食べることは暫くおあずけでちょっとマジメ(な、フリ?)
品種やヴィンテージ、飲み頃についての説明は、初めて参加された方には
なかなか解り辛かったようで(説明が下手という声もあり)、ごめんなさい。
ボルドーが地名だということを初めて知った方もいらっしゃったようです。

f0186753_16431847.jpg


《みなさんのティステシングシートより》
・ワインって、待つ時間も楽しむものなんですね
・赤のワインには、まだ自分のステイタスが追いついてない感じです(笑)
・ちょっと渋い感じがしましたが、そう感じるのはたいがい良いワインです
・とても大人の味がしました。リッチな気分になれました
・新しいカーペットの香り・・・・待った甲斐があって美味しくなりましたね
・ボルドーワインを選ぶ基準がわかりました(?)
・ティスティングをするのが楽しみになった
・価格はわからないけど、どれも美味しかった。しっかりした味

f0186753_17345474.jpg

[PR]
by winekai | 2008-10-19 17:25 | ワイン会

ワイン会準備中


昨日今日とワイン会の準備で、ほとんど一日キッチン暮らしです。
きのう、Fさんから届いた沢山の銀杏は、料理に入れるのがもったいなくて
(なんせ、殻から出すのに一苦労したので)、存在感をアピールさせるため
バター炒めにしてみました。ふふ。

f0186753_1658893.jpg


今夜のテーマは「あなたにはあなたのボルドーがある」
ワインは白1本、ロゼ1本、そして若い赤と古いヴィンテージの赤を飲み比べです。
お気に入りの一本があるといいのですが・・・

f0186753_17103176.jpg

ただいまボルドーワインに合わせるレシピと苦戦中。
[PR]
by winekai | 2008-10-18 17:07 | ワイン会

ポスター


SOPEXA(フランス食品振興会)から送られてきたポスターです
白黒で、シックといえばシックですが、悪く言えば地味すぎ。
ボージョレー・ヌーヴォの解禁日といえば、ワインのお祭りみたいなもんだから
フランス国旗のトリコロール・カラーで派手に決めて欲しかったなぁ・・・
などと思いつつ、店頭に貼ってみたら・・・
意外や意外、かえってインパクトあるじゃありませんか。

f0186753_1131137.jpg


いろんな色の氾濫する店頭では、これがかなり目を惹きます。
デザイナーさんの目論見が、バッチリ当たりましたね。
[PR]
by winekai | 2008-10-16 11:14

おまつりです


今日はお祭り2日目ですが、朝からあいにくの雨です
明日はカラッと晴れそうなので、いいお祭りになるでしょう
15日2時くらいから当店の近くを太鼓台が行列をして通ります
遊びに来てくださいね

昨夜、商店街のアーケード内を練り歩く太鼓台です。
f0186753_10152065.jpg


太鼓台って?→くわしくはこちら
[PR]
by winekai | 2008-10-14 10:20 | 四国

畑の中の喫茶店


秋の風に誘われて(讃岐うどんに誘われたかも)、友人と休日のドライブです。
空は高く、空気は澄んで、コスモスは花盛り・・・
f0186753_17324261.jpg


うどん屋さんの帰り道、以前友達から聞いて気になっていたお店をさがしてウロウロ・・・
なんと畑の中(!)にある「ブルーベリー茶屋」へ行ってきました。
素敵でしょ?
f0186753_17352351.jpg


中から見た景色です。
なにか懐かしさを感じるお部屋で話が弾みました。
f0186753_17391493.jpg


「ブルーベリー茶屋」というからには、食べてみなくては・・・と
ここで採れたブルーベリーを使って作られたケーキの登場。
おいしかったです。ごちそうさま。
f0186753_1744281.jpg


帰り道・・・
[PR]
by winekai | 2008-10-12 17:46 | おでかけ