コンセイエ日記

winelove.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2009 ボージョレー・ヌーヴォ情報

シルバーウィーク前から、コンビニに「ボジョレー・ヌーヴォ」の旗がはためいてましたね。
もうそろそろですね、今年はどんなヌーヴォがオススメですか?と、気の早いお客様から
お声がかかって、大慌てで予約パンフレット作りに取りかかっています。

今年の解禁日は、11月19日(木)。
とりあえず、SOPEXAから送られてきた、今年のヌーヴォ情報を・・・。

------------------------------------------------------------------------------

並外れて見事なボージョレーの2009年:数量は少ないが、完璧な品質
2009 : un millesime d’exception dans le Beaujolais
Peu de volumes mais une qualite irreprochable
f0186753_9581919.jpg

ボージョレーでは2週間ほど前に収穫が始まり、
すでに2009年ヴィンテージの最初の姿が現れ始めている。
リヨンからマコンまでの間の12のクリュのAOCのアロマや味わいについて
品質的な評価を行なうためには、まだ数週間が必要だが、今の段階から、
新しいヴィンテージの並外れた可能性を評価することができる。

まずは外観である。
プレス機から出てきたばかりの果汁は、すでに濃い見事な色合いを見せている。
ボージョレーワイン委員会テクニカル・ディレクター兼ぶどう・ワイン研究所の
ジャン・リュック・ベルジェールによると、素晴らしい外観を与えるための条件が
揃っていたという。完璧な衛生状態、果皮が厚い小さな果実、少ない収穫量、
早い収穫、昼夜の気温差などである。

「2005年を除けば、このように美しい色合いであったのは1976年まで
さかのぼらなければなりません」という。
「2009年のボージョレー・ヌーヴォーは、濃い赤い色、ブルーベリー、
あるいはそれ以上の色合いとなるでしょう」。

発酵が始まったカーヴでは、最初の果汁が、小さな赤い果実が主体の、
とても複雑なアロマを放っている。ボージョレーの品種であるガメイに
典型的な、キイチゴやカシスのニュアンスは約束されており、豊かで
心地よい多彩なアロマを見せてくれるであろう。

味わいの面でも、とても品質が良い。
上質のタンニンはきちんと存在し(2005年と同レベル)、ワインに程よい
ストラクチュアと程よい長さの余韻を与えている。
余韻はとてもバランスが良い。肉付きがしっかりとしていて、力強い。
それでいて果実味と、他に類のない爽やかさを維持し、豊かである。
色合い、果実味、力強さ、まれにしか達成することのできない完璧なバランスは
高品質のヴィンテージを生み出すべきものである。

収穫は8月27日に始まり、9月一杯にわたる予定である。
天候条件がとてもよかったので、ぶどう樹の衛生状態は健全で、規則的に成熟が
すすんだ。生産者はこのため、穏やかに収穫の開始を待つことができた。
最も晩熟の区画では、9月25日頃に収穫が終わる見込みである。

数量的には、2009年の収穫量は、すべての区画でやや少なめである。
現在のところ、例年の収穫量が100万hlに対し、今年は80万hl前後と予想されている。
好天候も加わり、この少ない収穫量は高品質の証となっている。
関係者は「歴史的なヴィンテージのための条件が揃っている」と述べている。

週を追うごとに2009年の姿が明らかになっていくが、2009年は、見事な品質で
名声のある「9」のつくヴィンテージの先例に倣うものとなろう。
この新しいヴィンテージが、ボージョレーの偉大な年の一つとなることは疑いようもない。

(ボージョレーワイン委員会、9/7付プレスリリース)
[PR]
by winekai | 2009-09-26 10:11 | ワイン情報

天国から?

ネットサーフィンしていて見つけました。
「未来の天国にいる自分から、今の自分にメッセージが届く」という面白い占いです。
ひまつぶしに、いかが?
ただし、ハハハ!と笑い飛ばせる人向きです。
f0186753_1359237.gif


「 天国からのメッセージ」 ・・・・←クリック!

ちなみに、私が本名で占った結果は・・・↓
[PR]
by winekai | 2009-09-12 14:02 | 気になる

9月ワイン会 「さあ、ワインにしよう 2009ワインの新学期」


朝夕すこし涼しくなり、ワインの美味しい季節到来!7、8月は休会だったので、久々のワイン会です。
ここ数年、わがワイン会の新学期は9月ということになってます。


会が始まる前は、ウエルカムワイン・タイム。
久しぶりに顔を合わせた皆さんはワイン片手に、賑やかに近況報告から。
今夜はドイツ、ナーエ地方のシルヴァーナ種主体のワイン。
ブルクライヤー・シュロスカペレ カビネット1999
会員のSさん提供のマグナムボトルです。濃い黄金色の、リッチで梅酒のような味わいでした。
f0186753_1352174.jpg


==今夜のワインリスト==
① 2009 ローガン/ソーヴィニョン・ブラン  (オーストラリア)
② 2007 ルイ・ジャド/ブルゴーニュ ピノノワール・ロゼ (ブルゴーニュ)
③ 2000 シャトー・ベルグラーヴ (ボルドー/メドック)
④ 1989 シャトー・ル・プランティ (ボルドー/メドック)
f0186753_13135686.jpg

==今夜のフロマージュ==
ミモレット(24ヶ月熟成)、 コンテ・エクストラ(16ヶ月熟成)、 レッド・チェダー
f0186753_1430563.gif


今夜は、1989、1999、2009と、偶然に10年刻みのヴィンテージが揃いました。
f0186753_10264058.jpg

10年前、20年前、どんなことがあっただろう、自分はどんなことをしていたかな?と
話題が広がります。ちなみに1989は昭和天皇崩御やベルリンの壁の崩壊があったよね。
f0186753_13215731.jpg


日本とイギリスのみで発売されたという、ルイ・ジャドのロゼが人気でした。
f0186753_14333218.jpg

写真を撮らなくちゃと気付いたときには、時すでに遅し・・・ほとんど空。
たまねぎの皮色の優美なピンク色で、さすがにエレガントなジャドらしい味わいでした。
「ロゼの甘い印象を180度かえるワイン。酸もきちんと主張し、苦味もいいアクセントになっている」(Sくん)
「ロゼのくせに男っぽい」(Mさん)

さて最後のワイン、1989ヴィンテージのボルドーは不思議ちゃん025.gifでした。
f0186753_14365137.jpg


ぺたんこ底のボルドーワイン・・・
[PR]
by winekai | 2009-09-07 14:22 | ワイン会

週末はワイン会

”美味しいワインを飲み、ワインの話に花を咲かせましょう
それが、ワインという不思議な飲み物を知る
一番の近道なのかも知れませんよ”

      (神の雫21 #206「語られぬ真実は、総てワインの中に」より)
f0186753_15585945.jpg


「神の雫」の新しい単行本が出たので買ってきました。
その中の雫君のセリフです。
これ、うちのワイン会のコンセプトとぴったり!034.gifじゃないですか。

土曜日はワイン会、「さあ、ワインにしよう! 2009新学期」です。
お待ちしています!
[PR]
by winekai | 2009-09-02 15:44 | おしごと