コンセイエ日記

winelove.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ワイン ( 47 ) タグの人気記事

アニスの香り

また私の手元に帰ってきた、このケース。
手のひらに乗るくらいの大きさです。
娘が大学生になるときに、たしか針と糸を入れて「小さなお針箱」として持たせたんじゃなかったかな?
40年近く前にパリへ行ったとき、エッフェル塔の展望台で買ったお菓子です。
底の部分は年月とともに黄色く変色してしまったけれど、蓋は金属なのでまだきれい。
f0186753_124794.jpg

ケースの蓋のアンティーク調の図柄が素敵で、またそれがレトロな手動の自動販売機に
入って売られていたので、面白半分に買った記憶があります。
コインを入れて、レバーを手でガチャっと下げるとポトンとひとつ出てくる仕掛けです。
蓋を開けると、チャイナマーブルのちょっと小さいくらいの形をした白いお菓子が
いっぱい入っていました。ひとつ口に含んでみたものの、その甘さと匂いの強烈なこと!
そのころの私には生まれて初めて嗅ぐ、不思議かつ苦手な香りでした。
食べないでいつまでもケースの中に入っていたものだから、何年たっても蓋を開けると
その香りがしていたものです。
f0186753_1245368.jpg

その香りがアニスだということを知ったのは、ワインの勉強を始めてから。
アニスは古代エジプト時代からある最も古いスパイスのひとつで、
リコリス(=甘草・かんぞう)によく似た少し甘めの味と香りがあります。
日本人には馴染みのない香りですよね~

”アニスのボンボン”は、なんと700年も前から作り続けられている伝統菓子。
14世紀にブルゴーニュ地方のディジョンにあるフラヴィニー修道院で作られるようになったとか。
元々は結婚式の時に男性から女性に送られたキャンディだったそうです。
アンティークなパッケージの恋人たちは、そういう謂れがあったんですね・・・

f0186753_1251548.jpg

最近ではケースもリニューアルされ“フラヴィニー(Flavigny-sur-Ozerain)”という地名のロゴが
強調されているそうです。でも、こういう伝統的なデザインも人気で、昔からのケースのコレクターも
いるらしく、上のキャンディが入ったケースは復刻版だそう。
よ~く見ると、昔のものとはちょっと違います。
40年も前の私のものは、今や「お宝」になっているのかも・・・043.gif

フランスの美しい村として、また映画「ショコラ」のロケ地としても有名になってますものね。
いつかブルゴーニュへ出かけるときには、この中世の面影のある村へ是非立ち寄ってみたい。
そして、また名物の“アニスのボンボン”を買って来ましょうかね・・・008.gif
[PR]
by winekai | 2011-02-23 12:10 | 映画・ドラマ

勝手にバースディ・パーティ

家族に5人も2月生まれがいます。
娘が帰省して、ゴトーさんのケーキが食べたいというので
誕生日にかこつけて、勝手にまとめて祝っちゃおう!ということに・・・
ここにいない皆のぶんも、勝手におめでとう!!024.gif
f0186753_14423673.jpg

あわせるのは娘のおみやげ、シモン・ビーズのシャルドネ2010。
ワインみたいだけど、ジュースです。
このまま醸したらワインになるかも知れない045.gifと思えるほど。
搾りたてのぶどうそのままの濃厚な味わいですが、さすがにエレガント。
ロックでもいいしソーダで割っても美味しい。 もったいないので、そのまま飲もう。
わが家の男性陣はアルコールに弱いので、こういうジュースは大歓迎。
f0186753_14523412.jpg

今までは家族でワインを飲む機会があまりありませんでした。
ところが娘がワイン好きになってくれたおかげで、普通にワインについて話せたり
二人でワインにあわせる料理を考えたりできるのが、とっても楽しい。
今夜は樹齢80年のジンファンデルで造ったワインとビーフシチューがメイン。
このジンファンデルと、ほぼ同い年の実家の母が「おいしいね」と飲めるほど、柔らかくなめらか。
スパイシーな香りが素敵な、あったかみのある味わいのワインでした。
f0186753_151396.jpg

[PR]
by winekai | 2011-02-14 15:18 | FAMILY

「エト・カルタ」 金のうさぎラベル

おまちかね、ポルトガルワイン「エト・カルタ」の新ヴィンテージ2008が入荷しました。
ポートワインでお馴染み”ニーポート”が造るスティルワインです。
店頭で手にとって、思わずジャケ買いしてしまうお客さんもチラホラ。
2011年はうさぎ年、ということで金のうさぎちゃんでパワーアップして登場!詳細はこちらから
f0186753_1644995.jpg

[PR]
by winekai | 2010-12-03 16:09 | ワイン情報

無事にボルドー到着!

いえいえ、私がボルドーにいるのではありません002.gif
何時間か前に、娘がTwitterで「月の都ボルドー到着なう」とUPしていた写真です。
ボルドー空港のバゲージクレームの巨大ワインボトル!

前に私がボルドーへ行ったとき、カメラをスーツケースに入れていたため
この巨大ボトルを写真に収められず、ず~っと心残りだったのです。
ボルドー空港に着いて、もし巨大ボトルがあったら写してきてねと頼んでおいたもの。
f0186753_13464217.jpg

でも、この程度の大きさだったっけ?
逃がした魚は・・・・・じゃないけど、写せなかったボトルは私の思い出の中で、
ぐ~んと巨大化してて、見上げるほどのものだったんですけど・・ね。

しかし、便利な世の中になったものです。LIVEで旅日記が見られるとはね~。
ともかく無事到着して一安心。
楽しんでらっしゃい!!
[PR]
by winekai | 2010-11-08 10:33 | FAMILY

ボージョレー・ヌーヴォ 今年のポスター

今年のポスターが出来上がったそうです。
開けるのが楽しみなワクワク感が表現されていてステキです!
f0186753_174032.jpg

[PR]
by winekai | 2010-09-03 17:06 | ワイン情報

そろそろ ボージョレー・ヌーヴォ

連日34度、35度が当たり前の猛暑が続いています。
さすがの赤ワイン党の皆さんも、このごろは白ワイン党に鞍替えしちゃってます。
きりりと冷えた白、美味しいですよね~。

例年のことながら、この暑い最中にボージョレー・ヌーヴォの事考えなければなりません。
なんかこう暑いと、そういう気持ちになれないんですけど・・・ね。
f0186753_13101675.jpg

ヨーロッパもかなり暑いと聞きましたが、今年の作柄は、どうなんでしょう。
いまのところ順調らしいですけどね。
[PR]
by winekai | 2010-08-17 13:14 | ワイン情報

プライベート・ワイン会

今年で結婚35周年になりました。
いつも覚えてくれているのは、ワインの師匠。
だから、というわけではありませんが、東京から1975VTのワインを抱えてきてくれました。
f0186753_15524810.jpg

そういえば10年前の記念日にも、ラスカーズ1975を開けてくれましたっけ?
今夜もワイン仲間がワインやお料理を持ち寄って、楽しいひとときを過ごしました。
f0186753_12523251.jpg


つづき・・・・
[PR]
by winekai | 2010-06-12 15:58 | おうちワイン

試飲会に行ってきました

松山まで、輸入ワインの試飲会に行ってきました。
まず白ワインからグル~っと一巡して、もういちど最初から、今度は赤ワイン・・・
こんなに沢山あると、飲んでないつもりでも酔ってしまうものですね012.gif
あなたにも、あなたにも、あなたにも、おすすめしたいワイン、いろいろ見つけて来ましたよ~
f0186753_17425928.jpg


スタバで一休み・・・
[PR]
by winekai | 2010-03-03 17:47 | おしごと

10年前の「ワイン便り」


昨年暮れから続いていたマイ・ブーム「捨てる、片付ける」。
いらない洋服やら子供達が送り返してきた不用品やらを、ゴミ袋20個以上、
粗大ゴミも、軽四で3往復して捨ててきました。
まあ、たまには思い出に浸ったりもしながらも思い切って、パッパッと潔く。
こうなると、捨てるのも快感になったりして。あれもいらない、これも必要なし・・・と。
おかげで家が広くなって、風邪でも引きそう008.gif

3ヶ月続いたマイ・ブームも終盤にさしかかり、今日は「いつか資料になるかも・・・」と取っておいた
ワインの情報誌”ヴィノテーク”を思い切って捨てることに。
f0186753_16182965.jpg

100冊あまりも無くなったおかげで、ワインの本棚もスッキリしました。
今はネットでいろいろ調べられるので、前のように棚がいっぱいになるほど本は増えないでしょうね。

More・・・・
[PR]
by winekai | 2010-02-10 16:50 | ワイン情報

プライベートワイン会 


東京から、ワインのお友達(・・・というか、ほんとは師匠)がワインを提げてやってきたので
昨夜はワイン好き仲間が集まって、久々のプライベートワイン会となりました。
各自1本ずつの持ち寄りです。
f0186753_16215220.jpg


ワインの本数だけグラスを用意して、ゆっくり香りと味わいの変化を楽しみました。
時間をかけて、じっくりとワインを味わうと、そのワインが育った土地や熟成された時間や
ぶどう達が訴えかける何かが見えてくる気がするから不思議です。

アーティストMさんご持参のお料理は、さすがに色合いがきれいで楽しいテーブルになりました。
f0186753_1614329.jpg


ブルゴーニュワインが2本。
S君が持ってきてくれた ユドロ・バイエのシャンボール・ミュジニー2007 は、早飲み出来るように
造られているということで最初は少し固く閉じていたのが、1時間もすると心地よいブーケが立ち始め
チャーミングな香りは最後まで楽しめました。

それと対照的だったのが、Mさんご持参の ポマール
こちらは、ゆっくりと自然な熟成を待つという造りで、「待てないなら飲むな」と言われてるような
頑固な作り手さんのもの。味も香りも、一向に開いてくれません。
ときおり、ふっと甘い顔を見せてくれたりもしたけど、とうとう最後まで固く閉じたまま。
師匠いわく「開けるには、まだ10年早かったですね」
ブルゴーニュで買ってきたワインだったのに、残念だったね。
そうそう、これはボトルがユニークで重~い!DRCのボトルより重いんじゃない?

私は秘蔵の カリフォルニア・ナパヴァレーのカベルネソーヴィニヨン を。
しっかりしたボディ。ブラックベリーやチェリー。タンニンや酸のバランスもよく、樽からの
バニラや甘いシナモンの香りが心地良くて、とても好きな味わい。
ボルドータイプの造りで ピション・ラランド のような味わい」と師匠。

師匠は、なんと 1971年のランシュ・バージュ を持ってきてくれました。
虫食いラベルが、なんともいい感じで。
さすがに複雑な香りが次々と現れて、いろんなイメージが頭に浮かびます。
ああだこうだと、それぞれの感想が面白くて時間を忘れてしまいました。
f0186753_16222660.jpg


古酒好きの師匠だけあって、古いコルクはお手のものです。
1971年に思いを馳せます。何をしていたかな。若いS君は、まだ生まれてないんだっけ?
f0186753_16383455.jpg


= 翌日届いたS君からのメール =
”ワインは人みたいだと思いました。
同じ赤ワインでも香り・色がそれぞれ違い、またそれぞれに素晴らしいところがあり….
レ・クラはとてもチャーミングで優しさを感じ、
ポマールは強く時間のかかるワイン人生の厳しさと待つことの大切さを感じ
ハートウェルは香り・複雑性・酸・果実味・タンニンが心地よいバランスで僕個人は一番好きでした。
そしてランシュ・バージュは一言でいえば美しい老い。
熟成の素晴らしさと安堵感と年月の重さが感じられました。
本当に楽しい時間ありがとうございました。”

= Mさんからのメール =
"師匠ごちそうさまです、ほんと。
シャトー・ド・ポマールですが
翌日はまだまだ貝のように固くて、3日目もまだ心を開いてくれませんでした…
心のうちを知ることなく、4日目(昨日)で飲みきってしまったのですが…
また次回も楽しみですね、では"

今夜のワイン・・・
[PR]
by winekai | 2010-02-02 16:29 | ワイン会